HOME>特集>歯科で歯の見た目を整えよう!矯正すれば歯並びが良くなる

歯科で歯の見た目を整えよう!矯正すれば歯並びが良くなる

口元

歯のコンプレックスを解消できる審美歯科

虫歯を治療するなら保険が適用されますので、多くの方が銀歯で治療します。しかし、見た目に抵抗を感じたり、金属に敏感な方にとっては負担を感じたりして悩みの原因となります。そこで見た目を改善して美しくキレイな歯にする審美歯科なら、歯にコンプレックスを持つ人の悩み解消に役立ってくれるのが魅力です。

医療器具

基本的に自費治療となる

歯の虫歯治療や矯正においてセラミックを材料とした歯にすると、見た目を改善できます。美容上の悩みを心配している方にとっては、好都合な治療方法と言えるでしょう。ただし、保険適用外の診療となりますので、自費負担の治療となる点が悩みどころです。尚、保険が適用される一部の例外もあります。

治療

矯正治療にかかる期間の目安

歯にワイヤーブラケットを装着する方法が一般的ですが、概ね2〜3年の期間が必要です。状態が軽い歯列の矯正であればマウスピースを使った方法があり、1〜2年と短めになります。また、歯列の一部を矯正するケースならば、さらに半分程度の期間を目安にしてください。

矯正治療の種類

歯

最も一般的な金属ブラケット

広く認知されている代表的な矯正方法が金属ブラケットを使ったものです。他の方法と比べても安価ですが、治療期間が長くなりがちであったり金属を使うことでアレルギーや口腔内の傷が懸念されたりします。

目立たない審美ブラケット

非金属の透明なブラケットを用いた矯正方法です。ワイヤー式と比べて見た目が改善されますので人気です。ただし金属製と比べると費用が高めになることや、強度の面で劣る特性があります。

取り外し可能なマウスピース矯正

非金属かつ透明なマウスピースを使った矯正方法であり、違和感が少なく目立たない特徴があります。また、他の方法とは異なり取り外しが可能ですが、必要な装着時間を守れない患者さんもいます。